On Line Text
パソコンとの連携目次

テキストの改行コード

mizutani@rsch.tuis.ac.jp
参考書『インターネット時代のコンピュータリテラシー』(水谷正大,共立出版)

目次
改行コードの差異
改行コード変換ソフトウエア
UNIXでの改行コード変換

目次

改行コードの差異

OSによる差異が問題となるのは,改行コードと漢字コードの取り扱いである. 最近のアプリケーションではこれらOSによる違いを吸収してくれるものもあるが,問題を起こす場合も多く,その差異は知っておくべきである.

UNIXやMacintoshおよびWindows95で書いたテキストファイル間では行末の改行形式 の取り扱いと漢字コードに使われる種類が違う.

テキスト行末の改行コードは漢字コードはOSによって次のようになっている.

OS 改行形式 漢字コード
UNIX LF JIS, EUC, (ShiftJIS)
Windows CR+LF ShiftJIS
Macintosh CR ShiftJIS
O.S.による改行コードと使われる漢字コード

目次

改行コード変換ソフトウエア

WindowsやMacintoshで稼動するperlを使って上のように変換するか,以下のフリーウエアを使う.
Windows用
ページブラウザ(笹川泰宏氏)
Macintosh用
ASL KConvert(山田浩太氏)
また,エディタ(Windows版のWZエディタやMuleなど)によってはUNX,Windows95,Macintoshの改行コードを自動判別してくれるものがある.

パソコンで使うツールについては, 窓の杜などインターネット経由で入手するか,インターネットマガジンなどの付録CDROMから入手するとよい.

目次

UNIXでの改行コード変換

マルチプラットホーム環境で作業をするとき,これらのOS間での差異を解消するにはUNIXにファイルを置いて変換するのが便利である(パソコンでもこうした変換ツールが知られている).

ファイルの行末の改行形式の変換は,スクリプト言語のPerlを使うと簡単に行うことができる. 行末にはUNIXでは『\n』,Windows95(DOS)では『\r\n』そしてMacintoshでは『\r』が付いているので,次のように互いに置き換えてやればよい.

UNIX => Windows

% perl -pe 's/\n/\r\n/' unixfile > winfile

UNIX => Macintosh

% perl -pe 's/\n/\r/' unixfile > macfile

Win => UNIX

% perl -pe 's/\r\n/\n/' winfile > unixfile

Windows => Macintosh

% perl -pe 's/\r\n/\r/' winfile > macfile

Macintosh => UNIX

% perl -pe 's/\r/\n/g' macfile > unixfile

Macintosh => Windows

% perl -pe 's/\r/\r\n/g' macfile > winfile

MacのファイルからWindows/Uninのファイルへの変換については,東京大学の川上洋生氏よりオプション/g をつけるべきことを指摘していただきました.

パソコンとの連携目次
On Line Text


mizutani@rsch.tuis.ac.jp