On Line Text
パソコンとの連携目次

ワークステーションでフロッピーディスクを使う

mizutani@rsch.tuis.ac.jp
UNIX,WindowsとMacintoshではテキストの改行コードが異なるためファイルの移動については注意が必要になる.
ここで紹介するフロッピーディスクのファイルの取り扱いに関するコマンドは普遍的なものではなくIBM AIX UNIXワークステーションだけについてのローカルなコマンドである. SUNワークステーションなど別のマシンでは、これに相当する違ったコマンドがある.

目次

フロッピーディスクからWSへデータをコピー
WSのファイルをフロッピーに書き込む

目次

改行コードの問題

オペレーティングシステムごとにテキストの改行コードが異なっている. コンピュータ間でファイルを移動する際には,この事情をよく理解しておく必要がある.

目次

フロッピーディスクからUNIXへデータをコピー

ワークステーション(WS)を使って,Windowsで作成したフロッピーディスクのファイルをUNIX側にコピーするには次のようにする.

  1. まず,次のようにフロッピーにあるファイルの一覧をして,コピーすべきファイル名を確認します.

    
    % dosdir
    または
    % dosdir ディレクトリパス
    
    

    ここでのディレクトリパスはフロッピーディスクでのディレクトリで,ディレクトリ区切り記号はUNIXの場合と同じく記号『/』を使う. フロッピーのディレクトリパスは小文字・大文字の区別はない.

  2. フロッピーにあるテキストファイル(ファイル名をFloppyFileとする)をUNIXのファイル(ファイル名UnixFile)としてコピーするには次のようにする. この後で,必ず『ls』でちゃんとUNIX側にファイルがコピーされているかを確認すること.
    
    % dosread -a FloppyFile UnixFile
    
    

    オプション『-a』は改行コードの変換のために必要で,Windowsで作成したテキストファイルをUNIXのファイルとしてくれる. このオプションは,Windowsのファイルの行末にある改行記号『CR-LF』を『LF』に,またファイル末尾のCtrl-ZをEOFに置き換えてくれるものである.

    注意
    • コマンドdosreadでは指定したUNIXに書き出されるファイル名が、既にUNIX上に存在しても上書きの確認をせずに書き出す.

      lsでUNIXにあるファイルを確認して、必要なファイルを書きつぶすことのないように注意する.

    • 改行コード及びファイルの最後についてのWindowsとUNIXとのテキストファイルの相違はオプション『-a』で自動的に変換されるが,WindowsとUNIXとの漢字コードの違いについてはそのままである. 漢字コードはユーザーの責任で変換しなければならない. ただし,UNIXのエディタMuleは強力で,Windowsでの漢字コードであっても文字化けを起こさずにちゃんと表示してくれる.

  3. 画像ファイルなどのバイナリファイル(テキストファイル以外のファイル)の場合には,単に次のようにする.

    
    % dosread FloppyFile UnixFile
    
    
    テキストファイルをこのようにオプション『-a』なしでコピーした場合には,ユーザーの責任でUNIX用に改行コードなどの変換をしなければならない.

目次

UNIXファイルをフロッピーに書き込む

UNIXでの作業を終えて,WindowsやMacintoshで作業を継続するためには,次のようにUNIXファイルをフロッピーディスクに書き込む.

  1. Unixにあるテキストファイル UnixFileをフロッピーディスクにFloppyFileの名でコピーするには,ディスクからの読み出しと同じように『-a』オプションを使って次のようにする.

    
    % doswrite -a UnixFile FloppyFile
    
    

    フロッピーでのファイル名FloppyFileには大文字・小文字の区別はない.

    注意
    • コマンドdoswriteでは指定したフロッピーディスクに書き出されるファイル名が、既にディスクに存在しても上書きの確認をせずに書き出す. dosdirでディスクにあるファイルを確認して,必要なファイルを書きつぶすことのないように注意する.
    • 漢字コードはユーザーの責任で変換しなければならない. 改行及びファイルの最後についてのWindowsとUNIXファイルとの相違はオプション『-a』で自動的に変換されるが,WindowsとUNIXとの漢字コードの違いについてはそのままである.

  2. テキストファイル以外のバイナリファイルをフロッピーにかき出すには次のようにする.
    
    % doswrite UnixFile FloppyFile
    
    
    このときもコマンドdosdirを使って,ファイルがちゃんとディスクにコピーされたかを確認すること.

パソコンとの連携目次
On Line Text


mizutani@rsch.tuis.ac.jp