オンラインテキスト目次

ファイルの印刷

UNIXシステムを使ってポストスクリプトプリンタから出力する
mizutani@rsch.tuis.ac.jp
目次
テキストファイルの印刷
ポストスクリプトファイルの印刷
DVIファイルの印刷

目次

テキストファイルの印刷

テキストファイルとは,エディタで編集可能な`文字'からなるファイルでcat,moreやlessでその内容が表示できるファイルである. HTML文書(拡張子 .html),LaTeX文書(拡張子 .tex)やJAVAプログラムファイル(拡張子 .java)などはテキストファイルである.

テキストファイルの内容をPostscriptプリンタで印刷するには,ASCII文字や漢字をPostscriptに変換してプリンタに送り込む必要がある.

テキストファイルをPostscriptに変換するためのプログラム(Ascii To Postscript)はいくつか知られている. コマンドa2psはその一つである. (システムによっては k2psというコマンドとなっているものもある。)

テキストファイル,たとえばreport.texの内容をPostscriptプリンタから印刷するには次のようにする.


% a2ps -p report.tex | lpr

ここで-pオプションで,A4用紙を立てに使うことをを指定している. このオプションがなければA4用紙を横にして(landscape)2段組に印刷される. 字が細かくてもよい場合や多くの文字数があるファイルの印刷に向いている.

プログラムの解説によく見られるように,行番号を付けて印刷するには


% a2ps -n report.tex | lpr

とオプション-nを付ければよい. 知っていると便利なオプションを次の表に示す. (システムよっては無効なものもあるかも (~~;)

テキストファイルをPostscriptに変換するフィルタa2psのオプション
オプション 意味
-n 行番号を付ける
-dx xとしてdまたは2を指定すると2段組で印刷する.
-kfont 漢字フォントを指定する(kは小文字). fontとして『g』を指定するとゴシック体,『j』ならJISフォントになる.『m』はデフォルトで明朝体.
-Kcode 入力ファイルの漢字コードを指定(Kは大文字). codeとして『e』を指定するとEUC,『j』ではJIS,『s』ではShift JISコードを指定する.
-npg ページ枠を印刷しない.
-nph ヘッダを印刷しない.
-npn ページ番号を印刷しない
-tname 印刷されるタイトルをnameにする. デフォルトはファイル名.
-Tn タブの文字数をn文字にする.デフォルトは8文字.

目次

ポストスクリプトファイルの印刷

ポストスクリプトファイルの拡張子は『.ps』や『.eps』などである. インターネットとくにUNIXでは画像ファイルはポストスクリプトファイルとして提供されることが多い. また,LaTeXシステムで作成したDVIファイルもポストスクリプト形式に変換して提供されることがある.

ポストスクリプトファイル,たとえば report.ps をポストスクリプトプリンタから出力するには次のようにする.


% lpr report.ps

単にPSファイルを直接lprに渡すだけである. ポストスクリプトファイルをモニタ上で見るには次のようにしてGhostscriptを起動する.


% gs report.ps

様々な画像ファイルをPostscript形式に変換するにはXVを使う.

目次

DVIファイルの印刷

LaTeXシステムを使って生成されるDVIファイル,たとえばreport.dviをポストスクリプトプリンタから出力するには次のようにする.


% jdvi2kps report.dvi | lpr

コマンド jdvi2kpsはDVIファイルをポストスクリプト形式に変換するフィルタ(Dvi To Postscript)である. したがって


% jdvi2kps report.dvi > report.ps

とすると,DVIファイルからポストスクリプトファイルがリダイレクトされる.

目次

オンラインテキスト目次


mizutani@rsch.tuis.ac.jp