情報リテラシー

Netscape Communicatorじゃなくてゴメン

Netscape Navigatorの活用

代表的なWebブラウザであるNetscape Navigatorの活用法の一部を紹介します.

目次

ツールボタン 知って便利なボタン機能
Webぺーじにシオリをはさむ どこからでも指定ページにジャンプする
ページのURLを読む インターネット上のWebページの在処を知る
URL入力による直接ページ指定 指定したWebページを見る
Webページの保存 表示したページ情報を保存する
テキストとして保存
HTMLとして保存(推奨)
ページのソースを知る 見ているページはどのように書かれているかを手軽に観察する
ダウンロードをキャンセルする Web情報の取得を途中で止める
画像情報の抑制 画像のロードを抑制して,スイスイとページを参照する

目次

ツールボタン

Netscapeの標準的設定ではツール・バーと呼ばれるボタンによってワンタッチ操作が可能です.

これらツールボタンの機能は次の通りです.

Back
前に表示したページに戻ります.
ちなみに,自分でホームページを作成するときに,ブラウザにあるBackとボタンに頼るようなページ構成は望ましくなく,戻るべき場所にリンクを張るべきです.

Forward
Back』で戻ってきたページを先に進めます

Home
どんなURLのページを表示していても,このHomeボタンを押すと設定してあるホームページの戻ります.
Homeの設定は『Options』にあるGeneral PreferenceAppearanceで指定します.

Reload
表示しているページ情報を再びロードします.
自分でWebページを書いているときにエディタで修正したページ様子を確認するときや,ページデータのキャッシュ内容を更新する場合に使います.

Images
画像情報の抑制で説明するように,画像を抑制してあるページに画像データをロードするときに使います.

Open
目的とする情報のURLを直接指定するときに使います.

Print
表示しているページ内容をそのイメージ通りに印刷します. ただし,リンク先のURLなどページ情報が残るわけではないので,表示ページの原稿であるHTML文書として保存したほうがずっと役に立ちます

Find
表示されているページ内を対象に指定した文字列を検索します.

Stop
データのダウンロードを中止します. Netscape Navigatorがデータをロードしている最中はNetscapeのロゴに流星が流れています. ネットワークが混んでいたりしてデータのダウンロードに時間がかかるときに利用します.

目次

Webぺーじにシオリをはさむ

Webブラウザには頻繁に参照するページや覚えておきたいページに印をつけておいて,いつでも目的のページに一気にジャンプさせる機能があります. Netscape Navigatorでは,これをBookMark(しおり)と読んでいます. これは目的とするページのURLとそのページタイトルを記憶することによって実現されます.

表示したページにBookmarkを付けるには,下の図のように,Netscapeのメニューから[Bookmark]をクリックして[Add Bookmarks]を選択するだけです. 次回からBookmarksメニューをクリックするとマークを付けたWebページのタイトルが一覧されるので,目的とするページタイトルを選択するとそこにジャンプできます.

目次

ページのURLを読む

Webブラウザのウィンドウから様々な情報を得ることができます. その中でもっとも重要なものは情報のURL(Uniform Resource Locator)です. URLとはインターネット上での情報の場所とその取得方法(情報の転送プロトコル)を同時に表している情報表記です.

次の図はWindows版Netscape Navigatorのウィンドウの一部(左上側と左下側を切り取った)を示したものです.

Netscapeにロードされて表示されているページのURLはNetscapeウィンドウのメニューボタンの下にある小さな "Location:" ウィンドウに表示されています.

表示されているページに青下線が引かれて青文字となっている表示があります. その部分にマウスカーソルを近づけると,カーソル形状が"手の形"になります.

このとき,Netscapeウィンドウの左一番下にある鍵印の隣のステータスウィンドウには,表示されているページからリンクが張られている情報のURLが表示されます.

そのときにマウスボタン(左)をクリックすると,リンク先のWebサーバーとクライアントであるNetscape Navigatorとの間でリンク情報の転送セッションが始まります.

転送セッションの様子はウィンドウ下端のステータスウィンドウに逐次表示されます. リンク情報のダウンロード状況がリアルタイムで表示され,ネットワーク利用の理解にはとても役にたちますから,常にこの情報には注意をはらってください.


目次

URL入力による直接ページ指定

Webブラウザに直接URをして目的とする情報を表示することができます.

ツールボタンのOpenボタンを押すと上の Open Locationウィンドウが現れます. ウィンドウ内にマウスカーソルを入れてクリックしてから,目的とする情報のURLを正しく入力します.

URLは常に半角文字で入力します.

目次

Webページの保存

せっかく探し出したページ情報は積極的に活用しましょう. コンピュータを使う大きな目的に情報の保存と再利用の容易さが挙げられます. 単にページ内容を印刷するだけでは,その場限りの利用しかできませんが,コンピュータに蓄積しておけば,さまざまな局面での利用が可能となります.

ただし,情報の再利用に当たっては知的所有権(たとえば,著作権など)に十分な配慮をはらってください. たとえば,レポートやWebページに部分的に引用する場合には必ずその出典(著者とそのURL)を明記するのです.

Webページを保存する方法には

の3つの方法があります. 情報の蓄積と再利用という見地から,一般的にはソースで保存する方法をお勧めします.

ページ情報を保存するには,[File]メニューをクリックして,[Save as...]を選択します.

すると,次のようなウィンドウが開きます.

Webページの保存方法を選択するために,[Format for Saved Document:]の右にあるボタンをクリックします.

目次

テキストとして保存

[File]/[Save As...]を選択して現れるウィンドウの[[Format for Saved Document:]の右にあるボタンをクリックして,[Text]を選択します. 保存されるファイル名を下段の[Selection]ウィンドウに入力します. テキストファイルとして保存するときには,上の図のように,ファイル拡張子として.txtを付けます.

目次

HTMLとして保存

HTMLとして保存されたファイルにはリンク先のURL等が含まれるために,必要に応じてWebブラウザに表示してリンクをたどることができます(ファイルメニューの[Open File]を選択します). 特別な理由がない限り,WebページはHTML形式で保存します. このときファイル名には,必ず拡張子.htmlを付けます.

HTMLとして保存するときには,保存形式として下の図のように,[Source]を選択します.

目次

ページのソースを知る

HTMLの勉強には,達人の書いたページを参考にするのが一番です. 眺めているWebページがどのようにしてHTMLとして書かれているかを知るためには, Webページを上のようにしてHTML形式で保存して後で詳しく解析する方法が考えられます.

もう一つの方法は,表示ページのソース(HTMLファイル)を手軽に眺めるためのNetscape機能を使う方法です.

右の図のように,[View]メニューをクリックして[Document Sourcest]を選択すると,別のウィンドウが開いて,そのWebページのソースを表示してくれます.

目次

ダウンロードをキャンセルする

アクセスしてもなかなか期待するページがダウンロードされてこない場合には,途中で転送をキャンセルすることができます.

転送をキャンセルするのは[Stop]ボタンを押します. このとき,Netscapeのロゴは『流れ星』状態でなくなります.

目次

画像情報の抑制

Webページの参照でイライラするときがあります. テキストに比べて画像データはファイルサイズが大きく,Webページに張り込まれている画像情報の転送(ダウンロード)に時間を要するからです.

とくに,検索エンジンを使って関連情報のリストを入手仕様としている場合などでは,画像情報は不要です. こんな時,Netscapeでは,画像情報の自動的なダウンロードを抑制することができます.

左のように,[Option]メニューから[Auto Load Images]を選択して,画像データのロードを抑制します. 画像情報のないページを入手してから,[Image]ボタンを押せば,改めて画像データをダウンロードすることができます.


目次
情報リテラシー


mizutani@tsuda.ac.jp