コンピュータ講座目次
Muleの使い方目次

Muleの基本的キー操作

mizutani@edu.tuis.ac.jp
目次
Muleのインターフェイ
キー入力によるMuleの基本操作
ファイル編集の基本コマンド

目次

Muleのインターフェイス

Mule Menu Op.

X Window Systemが動いているワークステーションをローカルマシンとして Muleを使用しているときには,右の図のように,グラフィカルインターフェースを利用して,マウスと矢印キーでMuleの操作することができる.

しかし,Telnetによってリモートマシンにログインする(自宅からパソコンで使うなど)場合では,グラフィカルインターフェイスを使うことはできない. Telnetから


  % mule

などと(&記号を入力していないことに注意する)Muleを起動したときには,『メニューバー』

Mule's menu line

は現れず,マウスを使うことができない. その結果,キー入力だけによってMuleを操作しなければならない.

エディタ操作を行うには,このような事情に加えて,手間や軽減や編集スピードを向上させるためにも,以下のキー入力による編集操作を覚えることが必要である. これらのキー操作は,上の図のように,マウスを使ったプルダウンメニュー

Short cut

と右端に表示されている. このようなキーだけによって操作することをキーボードショートカット(keyboadshortcut)という.

目次

キー入力によるMuleの基本操作

キー操作のための以下のコマンド表現において,特殊キーをたとえば次のように利用する.

特殊キー操作
M-x Escapeキー『ESC』を押した後にxキーを押す
C-x Controlキー『Ctrl』を押しながら,xキーを押す

Mule操作中によくわからない状態に陥ってしまったら,ゆっくりC-gを2回入力してみるとよい(『C-g』はMuleコマンドのキャンセル).

カーソル移動
C-f カーソルを一文字右に移動
C-b カーソルを一文字左に移動
C-p カーソルを一行上に移動
C-n カーソルを一行下に移動
C-a カーソルを行頭に移動
C-e カーソルを行末に移動

ファイルの読み書き
C-x C-s ファイルに現在の内容をセーブ
C-x C-f ファイルをオープン
C-x C-w ファイルの名前を変更して保存
C-x i カーソル位置に指定したファイル内容を挿入

Mule の終了
C-x C-c Mule を終了

削除
C-space 領域の先頭をマーク
C-w マークした位置からカーソルの位置までを削除

貼り付け
C-y C-k または C-w できりとった部分をカーソル位置に張り付ける

チュートリアル
C-h T Mule のコマンドのチュートリアル(日本語)を表示
C-h t Mule のコマンドのチュートリアル(英語)を表示

目次

ファイル編集の基本コマンド

Muleのファイル操作に関する基本コマンドは次の通りである.

ファイル編集の基本コマンド
C-x C-s現在のファイル名で保存
C-x C-f指定したファイルを開く
C-x C-w指定したファイル名で保存
C-x i指定したファイル内容をカーソル位置に挿入

Muleの編集コマンドを実行するとき,エディタウィンドウの最下段にあるミニバッファ(Mini buffer)には何らかの情報が表示されたり,付加的な情報を入力する必要がある場合もある. 以下に,代表的なMuleコマンドを実行したときのミニバッファの様子を紹介する.

C-g : Muleコマンドのキャンセル
Muleの様子がおかしくなったとき等に使うコマンドで,C-gを実行するとミニバッファは次のようになる.

quit

C-x C-f :指定したファイルを開く
指定したファイルを読み込むために,別のバッファが用意される. このとき,ミニバッファには次のように『開くためのファイル名』を入力しなければならない. ディレクトリパスの指定に注意する.

Open file

この例では,ホームにあるディレクトリdoc/内のファイルmyreport.texを開くようにキー入力している.

C-x C-w :指定したファイル名で保存する
バッファ内容を現在のバッファ名とは異なる『指定したファイル名で保存する』(Save as)コマンドで,ミニバッファには保存すべきファイル名を入力する. ディレクトリパスが正しいかどうかにも注意する.

Save as

この例では,Enterキーを押せば,現在のバッファ内容がホームにあるディレクトリdoc/内のファイルeconomy.texとして保存される.

C-x i :指定したファイル内容を挿入
エディタウィンドウにあるカーソル位置に,指定したファイルのすべての内容を挿入する. ミニバッファには,挿入したいファイル名をディレクトリパスを含めて正しく入力しなければならない.

Insert

この例では,カーソル位置にホームにあるディレクトリpublic_html内にあるファイルindex.htmlの内容が全て挿入される.

目次

Muleの使い方目次
コンピュータ講座目次


mizutani@edu.tuis.ac.jp