コンピュータ講座目次
Muleの使い方目次

Muleでの日本語入力

mizutani@edu.tuis.ac.jp
目次
日本語入力のトグルスイッチ C-\
ローマ字仮名モード
漢字入力
ローマ字入力対応表

目次

日本語入力のトグルスイッチ C-\

本学のMuleでは以下のようにして を切り替えながら,漢字変換などの日本語入力をおこなう.

C-\ 英数字⇔日本語モード切り替え
Ctrlを押しながら\を押すと英数字と日本語モードが切り替わる(トグル
Spc 漢字変換(ENTERで確定)

Muleを起動したとき,エディタ・ウィンドウ下段の{\bf モード行}は

のようになっている. これを英数字モードという. この状態でキーボードから入力すると半角英数字などが入力される.

目次

ローマ字仮名モード

英数字モードになっているとき,モード行を見ながら,C-\を入力すると,モード行は

に変化する. この状態をローマ字仮名モードという.

目次

漢字入力

本学ではCanna(カンナと読む)といわれる日本語変換サーバーシステムを使っている.

漢字に変換するときには,ローマ字仮名モードになっていることを確認して,次のようにする.

  1. 適当な文節になるまでローマ字入力して
  2. スペースキーを押して漢字に変換し
  3. スペースを押しながら変換候補を見つけて,
  4. ENTERを押して確定する
初心者にとっては,「いきなり長いひらがなを入力してから,変換対象の文節を選びなおし,漢字へ変換していく」というワザはかえって効率の低下を招く.

したがって,初心者は連文節を避けて,できるだけ短文節,たとえば「だいがくでは(大学では)」とか「くらすの(クラスの)」で変換しながら文章を入力するようにする. 短文節入力を心掛ければ,せいぜい,文節を伸ばしたり縮める方法さえ知っていれば,日本語入力を自由に行える.

目次

ローマ字入力対応表

目次

Muleの使い方目次
コンピュータ講座目次


mizutani@edu.tuis.ac.jp