オンラインテキスト目次
UNIXでのメール目次

UNIXでメールを出す

メールの送受信と返事

mizutani@rsch.tuis.ac.jp

目次

メールを送る
到着メールを読む
返事を書く

メールを送る

この項を実際に行うときには,メール設定ファイル「.mailrc」の作成テストメールの敢行に関する項目をよく理解しておくこと.

MNewsウィンドウから,以下の手順で電子メールを書いて送る.

  1. MNewsウィンドウに『m』を入力(Enterを押す必要はない). すると次のような画面になる.

    1. 主宛先(to)を入力してください:■

      に相手先の電子メールアドレスを入力しEnterを押す. 必要なら,さらに

    2. コピー宛先(cc)を入力してください:■

      に,同じ内容のメールを相手のアドレスを入力する. デフォルトでは,送り手(自分)のアドレスとなっている. 必要がなければ消してしまう.

    3. 題名(subject)を入力してください:■

      を入力する. メールには必ずメール内容を反映する題名をつけること.

  2. すると次のようなエディタMuleの画面が現わ,そこにメール本文を書いていく.

    Mule mail-sending

    注意すべきことは,手紙の本文は

    --text follows this line--
    

    の後から書き始めねばならず, この『--text follows this line--』を消したり修正してもいけない.

  3. メッセージを書き終わったら,C-x C-s でメール内容を保存しする.

  4. さらに,エディタMuleをC-x C-cで終了する. すると,ウィンドウの最下段に

    
    signatureファイルをつけますか?[Y/N]: ■
    
    

    と表示される. 署名ファイルをつけるときは『y』を,つけない(またはない)ときは『n』を入力.

  5. すると

    [CONFIRM] line:1 ....... byte:1234/2234 (END)
    

    などのように,書いたメッセージ内容を表示してくれる.

  6. そこで『q』を入力すると,ウィンドウの最下段に

    記事を送信してよろしいですか?[Y/N/E(dit)/M(ime)]:■

    と表示されるので,次のように『y/e/n』のいずれかを入力する..

    『y』としたときには,一瞬「転送中です」というメッセージが表示された後に,『n』を入力したときには直ちに,MNewsのトップ画面に戻る.

目次

到着メールを読む

郵便ポストのアイコンにある郵便箱の取っ手が上がっていると,電子メールが到着したことがわかる.

こんなときには,MNewsを起動して到着したメールを読む(または過去に受けとったメールも同じようにして読む).

  1. MNewsのトップウィンドウにある

    
    [+]    MH       MH メールシステム
    
    

    の項目にテキストカーソルを移動する.

  2. スペース』キーを押すと次のような画面になる.

    MNews Folder

  3. テキストカーソルを『inbox』に移動し,『スペース』キーを押します.

  4. そこで,「Shift + i」 つまり大文字の『I』を入力して,到着したメールをinboxに読み込む.

  5. 保存されているメールの後に到着したメールの一覧が表示される.

  6. 読みたいメールにテキストカーソルを移動して,『スペース』を押す.

  7. 読み終えたら,『q』を押すと,一段前のウィンドウ状態になる.

目次

返事を書く

到着した電子メールには必要に応じて返事を書く. 互いに誤解のないように相手のメッセージを引用しながら返事を書くのが原則である.

メッセージの引用は原則としてそのメッセージを書いた人へのメールだけに限定すること. 人の手紙を勝手に第三者に見せることは,重大な人権侵害となる.

第三者へのメールの引用がどうしても必要と思われる場合には,差出人の許可を得なければならないことに注意する.

  1. メールを読む時と同じようにして,inbox内に保存されているメールの一覧を表示する.

  2. テキストカーソルを移動して返事を出したいメールにあわせて, 「Shift + r」つまり大文字の『R』を入力する.

  3. Muleが起動し,届いたメッセージが記号『>>』が行頭についてエディタに読みこまれるので,これを適当に編集して返事を書く.

    mail reply

    相手先の電子メールアドレスや題名は自動的に設定されていることに注意する.

  4. 相手のメッセージそれ自体は変更せずに,その都度適切な返事を書き加えて返信メッセージとする.

  5. 「メールの送信」手続きと同じように,編集したメッセージを送信する.

UNIXでのメール目次
オンラインテキスト目次


mizutani@rsch.tuis.ac.jp