オンラインテキスト目次
UNIXでのメール目次

UNIXでメールを出す

メールエリアスと署名ファイルの作成

mizutani@rsch.tuis.ac.jp

目次

メール設定ファイル.mailrcの作成
署名ファイル.signatureの作成

メール設定ファイル「.mailrc」の作成

本学に限らずたいていの大学では,ユーザー名には学生番号を利用している場合が多い. このためメールアドレスにも学生番号が反映されている(たとえば,学生番号B98765の山田太郎君はb98765ty@edu.tuis.ac.jpというように). がしかし,学内の友人であっても相手のメールアドレスを覚えておくことは不可能であり,あやふやな記憶に頼ると間違った宛て先にメールが届けられる原因ともなる. さらに,長いメールアドレスを持つ人に電子メールを送る場合には入力の手間も大変になる.

そのようなときには,電子メールアドレスの別名定義,つまり『メールエイリアス』(mail alias)機能を使う. 実際のメールアドレスに別の名前を登録して使うのである. このエイリアスを登録しておくファイルが『.mailrc』であ(先頭にピリオド「.」がついていることに注意),自分のホームディレクトリにおいておく.

メールアイリアスのためにはエディタで次のような内容のファイル『.mailrc』を作成する. たとえばユーザー名 a96789 に別名 hanako をつけるには,次のような内容を行頭から書く.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ファイル名 .mailrc

alias hanako a98987ac@edu.tuis.ac.jp
alias uchan c98876ef@edu.tuis.ac.jp
alias suzy b96987@edu.tuis.ac.jp
alias tennis a93678@edu.tuis,ac,jp, b93999@rsch.tuis.ac.jp, c95909@edu.tuis.ac.jp
alias taro taro@rsch.sarukani.ac.jp
alias bill bill@somewhere.someplace.foo.edu
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

興味深いのは別名をtennisとして,これにメールを送ると,a93678, b93999, c5909全員に同じ内容のメールが送られることである. このように,メール送信先として複数のアドレスをまとめて「グループ」化して一度に送るようにすることができる. サークルの連絡など一斉に同じ内容のメッセージを送るときに便利である.

目次

署名ファイル 「.signature」の作成

メールには必ず発信者の署名が必要である. 署名内容として は必要であるが,自宅の住所や電話番号は書くべきではないとされている.

メールを書くたびにこうした署名を記入する手間を省くために,『.signature』というファイルに署名内容をあらかじめ書いておき,ホームディレクトリにおいおく. これを署名ファイルといい,メールソフトの方でその内容をメールの本文の最後に追加してくれる.

署名の例として,たとえば次のようなものが考えられる.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ファイル名 .signature

                            竜宮寺麗子  さるカニ大学 経済学部 2年
                              email: k96789gh@saru-kani.ac.jp
                              http://www.sarukani.ac.jp/~k96789/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

署名ファイルは原則として4行を超えないこと. 飾り立てている署名を見かけることもあるが,冷笑の対象となるので要注意. ネットワークでは無駄な情報は流さないのがオシャレである.

UNIXでのメール目次
オンラインテキスト目次


mizutani@rsch.tuis.ac.jp