On Line Textに戻る
LaTeX入門目次に戻る

表組みの方法


ここで紹介する表組の方法はHTMLでの表組での表組に対応している.
LaTeX文書内に表を作成するときには、 などが問題となる.

表組とその配置例

以下の例を観察して表組みの方法を理解しよう. 表そのものは tabular 環境を使って書く.

次の3つの表を比べてみよう.

このような出力となるには tabular 環境を使って次のように書いて表組みする.

これらはどれも同じ『表』を表しているが,その出現の仕方に差がある.
最初の表は tabular 環境だけを使って表を書いたものである.
\begin{tabular}
{l|r|l}
\hline
国名 & 人口(百万人) & 首都 \\
\hline\hline
日本 & 120 & 東京 \\
フランス & 50 & パリ \\
アメリカ合衆国 & 200 & ワシントン\\
\hline
\end{tabular}
見ての通り,表部分は文章中の文字の1部として(それも大きな文字として)文中
に登場..

通常,このような表の使い方はしない. では次の表をみてみよう.

この表は,tabular環境を使って作成した表を,table環境の中にいれ『図表』として文書中に出力したものである.

先の例のように表が「文字」として扱われるのではなく,表番号とともに表の説明文(caption)が添えられていることに注意する. この図表を得るには次のように書く. tabular環境がtable環境に囲まれており,そこで \caption{..}\label{..} が使われていることに注意する.
\begin{table}[htb]
\begin{tabular}{l|r|l}
\hline
国名 & 人口(百万人) & 首都 \\
\hline\hline
日本 & 120 & 東京 \\
フランス & 50 & パリ \\
アメリカ合衆国 & 200 & ワシントン \\
\hline
\end{tabular}
\caption
{table 環境の中で tabular 環境を使って表を作成}
\label
{population}
\end{table}

次の表では,図表として表が中寄せで出力されるように配慮してある.

この図表のための記述は次のようになっている.tabular環境がcenter環境に囲まれていることに注目する.
\begin{table}[htb]
\begin{center}
\begin{tabular}{l|r|l}
\hline\hline
国名 & 人口(百万人) & 首都 \\
\hline
日本 & 120 & 東京 \\
フランス & 50 & パリ \\
アメリカ合衆国 & 200 & ワシントン \\
\hline
\end{tabular}
\end{center}
\caption{table 環境の中で center 環境内に表を作成}
\label{tbl:ltx-tbl2}
\end{table}

表の作成

上の例からわかるように,表を組むにはtabular環境を使う.この環境の一般形は次のようになっている.
\begin{tabular}{pos format}
.....
表項目の並び
.....
\end{tabular}

それぞれの事項について説明する.

pos format
表の各カラムに置かれる項目位置の割り付け形式を指定
l(Lの小文字)
項目を左寄せ(Left)にする
c
項目を中寄せ(center)にする
r
項目を右寄せ(Right)にする
|(縦棒)
項目間に縦罫線を引く
||(縦棒2本)
項目間に2重縦罫線を引く

前の例では,表は3項目からなり,1列目が左寄せ,2列目が右寄せ,3列目が左寄せで出力されるように指定し, 項目の間だけに縦罫線を引くように 『 l|r|l 』(L小文字/縦棒)と指定した. これを『 |l|r|l| 』(L小文字/縦棒)とすると,両端の項目の外側にも縦罫線が引かれることになる.

表項目
表の各行の項目数は format typeで指定した数以下でなければならない.

項目は 『 & 』 で区切り,各行の終わりには強制改行コマンド 『 \\ 』を書く. 強制改行までの項目数が不足していれば,残りは空白項目として扱われる.

特別な項目として次のものが利用できる.

\hline
行の先頭(または最後)だけに書くことができる. \hlineが置かれている「場所」から,表を横切る横罫線を表の幅の最後まで引く.

\hline\hline と続けると2重横罫線になる

\vline
縦罫線
\cline{start-end}(ハイフン)
start 番目から end 番目までのカラムに横罫線を引く.
\multicolumn{num}{pos}{item}
複数のカラムにまたがる項目を作成するときに使う. num はまたがるカラム数で,それで確保された空間に pos で指定された水平方向の位置に,項目 item を置く.
pos は l(L小文字), c, r の何れかの1文字を含み,|(縦棒) を含んでも構わない.
こうして作成した表を,図表として文中に配置するには table 環境を併用する. たとえば,表を図表として中央部に配置するには次のように書く.
\begin{table}[出力位置]
\begin{center}% 図表を中央部に配置する
\begin{tabular}{pos format}
.....
表項目の並び
.....
\end{tabular}
\end{center}
\caption{表の説明文}
\label{参照ラベル名}
\end{table}

表組みの応用

上で見たように table 環境には,ページの中でその図表の出力位置を指定することができる.

\begin{table}[..] において,[..] の中に表示したい位置を表す文字 h, t, b 及び p をその優先順位にしたがって文字列として並べる. これらの文字の意味を説明する次の表を書いてみよう.

この表を記述した原稿は次の通り.

\begin{table}[htb]
\begin{center}
\begin{tabular}{c|l}
\hline\hline
\multicolumn{2}{c}{図表の出力位置} \\
\hline
位置指定 & 文字の意味 \\
\hline
h & できるだけ tabular の出現場所に出力する\\
t & できるだけページの先頭に出力する\\
b & できるだけページの末尾に出力する\\
p & 図表だけからなるページを作成して,そこに出力する\\
\hline
\end{tabular}
\end{center}
\caption{table環境で使われる出現位置を指定する文字並びの意味}
\label{table-position}
\end{table}

次に,少し複雑な例を表に紹介しよう.

この表を記述した原稿は次の通り.

\begin{table}[htb]
\begin{center}
\begin{tabular}{l|r|l}
\hline
\multicolumn{3}{c}{シュークリームの材料}\\
\hline\hline
\multicolumn{1}{c|}{\bf 品名} & {\bf 量} & {\bf 用途} \\
\hline
バター & 100g & シュー生地 \\
\cline{1-2}
塩 & 2g & \\
\cline{1-2}
小麦粉 & 100g & \\
\cline{1-2}
卵 & 3個 & \\
\hline
卵黄身 & 4個分 & カスタードクリーム\\
\cline{1-2}
砂糖 & 100g & \\
\cline{1-2}
小麦粉 & 50g & \\
\cline{1-2}
ミルク & 500cc & \\
\cline{1-2}
バニラエッセンス & 少々 & \\
\cline{1-2}
洋酒 & 少々 & \\
\hline
\end{tabular}
\end{center}
\caption{シュークリームのレシピ}
\label{tbl-cream}
\end{table}

目次
LaTeX入門目次に戻る.
On Line Textに戻る


mizutani@rsch.tuis.ac.jp