On Line Text
LaTeX入門目次
LaTeXの相互参照の目次

図表の参照

mizutani@rsch.tuis.ac.jp
参考書『インターネット時代のコンピュータリテラシー』(水谷正大,共立出版)

ここでは図表の作成については触れないが,LaTeXで作成した図表には自動的に図および表番号が振られる. この図表番号を参照するには図表環境の内部に参照ラベルマークする.

図や表であることを定めるfigureやtable環境では,図表を説明するためのコマンド\caption{...}コマンドを使うことができる. 参照ラベルのコマンドは,次の例のように図表環境の終了(\end{tabel}または \end{figure})の`直前'でマークするか,\caption{...}の中にマークする.

table環境figure環境
\begin{table}[htbp]
\begin{tabular}{...}
...
...
\end{tabular}
\caption{バニラアイスのレシピ}
\label{icecream}
\end{table}
\begin{figure}[htbp]
...
...
\caption{図の説明}
\label
{cream-photo}
\end{figure}

このように記述しておくと,文書中でこれらの図表番号を次のように参照できる.

\ref{dessert}でデザートについて学びました....... 表\ref{icecream}\pageref{icecream}ページ)のレシピに従って自家製アイスクリームを作ってみるのもたのしいでしょう. 出来上がりは図\ref{cream-photo}のようになります.

LaTeXの相互参照の目次
LaTeX入門目次に戻る.
On Line Textに戻る


mizutani@edu.tuis.ac.jp