オンラインテキスト目次
Javascript入門目次

Javascriptの書き方

Javascriptは原則としてHTMLファイル内に、タグ<script></script> で挟んで、その間にJavascriptを次のように書く:

<script>
<!--
この間にスクリプトを書く
// -->
</script>

のように記述する。

HTML4.01 ではタグ<script>type属性が必須属性として定義された。 このため、type属性値に "text/javascript"を指定して、具体的には次のように書くことになる:

<script type="text/javascript">
<!--
document.write("Hello!!");
// -->
</script>

演習

ディレクトリ ~/public_html/javascript を作成し、今後の演習で作成するJavascriptを含むHTMLファイルを格納しておく。 今後javascriptの演習で作成するHTMLファイルを一覧する索引ファイル ~/public_html/javascript/index.html を作成・更新し、リテラシー用のページからリンクを張っておく。

  1. 次のようなHTMLファイル script01.html を用意して、Webブラウザで表示させてみよ:

    <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
            "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
    <html lang="ja">
    <head>
    <title>Javascript</title>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP;">
    </head>
    <body>
    <h1>簡単なJavascript</h1>
    
    <script type="text/javascript">
    <!--
    document.write("Hello, World!!");
    // -->
    </script>
    
    <hr> 
    <address>
    情報太郎 s01987jt@edu.tuis.ac.jp<br>
    東京情報大学 情報システム学科1年
    </address>
    </body>
    </html>
    

  2. 次のようなHTMLファイル script02.html を用意して、Webブラウザで表示させてみよ:

    <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
            "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
    <html lang="ja">
    <head>
    <title>Javascript</title>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP;">
    
    <script type="text/javascript">
    <!--
    document.write("Hello, World!!");
    // -->
    </script>
    
    </head>
    <body>
    <h1>簡単なJavascript</h1>
    <hr> 
    <address>
    情報太郎 s01987jt@edu.tuis.ac.jp<br>
    東京情報大学 情報システム学科1年
    </address>
    </body>
    </html>
    

  3. 上の2つのHTMLファイルのWebブラウザ結果を比べてみよ。 Javascriptはしばしば<head>〜</head>の中に書かれる場合がある。


Javascript入門目次
オンラインテキスト目次
mizutani@rsch.tuis.ac.jp