オンラインテキスト目次
Javascript入門目次

Javascriptとは

WebブラウザであるInternet ExplorerやNetscape Communicatorでは、Javascriptと呼ばれるプログラムを読み込んで実行する機能を持っている。 Javascriptを利用すると、ブラウザで表示するウェブページの表示を動的に変更したり、フォームに入力した値をチェックしたり、時刻を表示したり、さらにはゲーム的なことまでできるようになる。

JavascriptはNetscape社が開発したプログラミング言語で、Sunmicrosystem社の開発したJavaとは無関係である。 本格的なプログラム言語とは違って、Javascriptは限定された処理しかできない。 このために、誰でも簡単にJavascriptを利用することができる。

スクリプトとは
プログラムとはコンピュータに実行させる命令手順をその目的を達成するように組織的に書き表したものである。 命令手順をスクリプト(脚本)ということがある。

プログラミング入門としてのJavascript
どんなコンピュータにもWebブラウザが提供されているため、スクリプトを書くエディタさえあれば、Javascriptを使ってすぐにでもプログラミングの世界を手軽に味わうことができる。 Javascriptはオブジェクト指向的なプログラミング言語で、本格的なオブジェクト指向言語であるJavaプログラミングのウォームアップとして都合がよい。

Javascriptはクライアント・サイド・プログラミング
JavascriptはWebブラウザで実行されるプログラムである。 WebブラウザはWebサーバへHTTPというプロトコルに従ってデータ要求をだすWebクライアントである。 したがって、Webブラウザ内で実行されるJavascriptはWebクライアント側(サイド)のプログラムある。 一方、CGIスクリプトなどはWebサーバ・サイドで処理されるプログラムということができる。


mizutani@rsch.tuis.ac.jp