オンラインテキスト目次
Webページの作成目次

Webページ専用ディレクトリ public_html

mizutani@rsch.tuis.ac.jp
参考書『インターネット時代のコンピュータリテラシー』(水谷正大、共立出版)

各ユーザのWebページ専用ディレクトリ名はWebサーバの基本設定である UserDir で決められている。 多くのWebサーバでは、これをpublic_htmlとする場合が多い。
ホームページに必要なファイルはユーザそれぞれのホームディレクトリ内のWeb専用ディレクトリ ~/public_html に格納されている必要がある。 ここで『 _ 』は アンダーバーであって、ハイフン(マイナス記号)ではない。

WebサーバーはWebブラウザからの要求があったとき、ユーザーが用意しているディレクトリ ~/public_html 内のファイルだけを探す。 Webページは公開されることを前提として作成されるため、利用者が所有する非公開のファイル群(たとえばメールファイルなど)を保護するために、このような公開用の特別なディレクトリを用意することを前提とするのである。

ディレクトリ public_html の作成

記号 ~/ ホームディレクトリ を意味している。 したがって、この記述はホームディレクトリにあるディレクトリ ~/public_html と読む)。
ログインした直後に ls でファイルディレクトリの一覧をして、ディレクトリ ~/public_html があるかどうかを確認する。

なければ、次のようにしてホームディレクトリにディレクトリ public_html を作成する。

% pwd
% ls
% mkdir public_html
% ls

コマンド pwd 現在の作業ディレクトリを表示する コマンドである。 ディレクトリを作成したときには、ちゃんと作成されたかを ls 確認する習慣をつける。

アクセス属性の設定

Webサーバーの都合によっては、Webページ用のディレクトリ public_html other からのディレクトリアクセス許可属性を設定する必要がある。 ディレクトリpublic_htmlotherからの ディレクトリアクセスを許可 するためには、次のように chmod コマンドを使う。

% chmod o+x public_html

ここで、オプション o+x はアルファベット小文字のオーとプラス記号と小文字のXである。 同様にして、public_html内におくすべてのHTML文書や画像データファイルなどについてはファイル読みだし許可を設定しなければならない。 (それらのファイル群をを用意した後に)、たとえば

% chmod o+r *.html

などとする。public_html内部にあるディレクトリについては、さらに上のようにx(実行許可)も必要である。

作業ディレクトリの移動

Webページに関係するファイルはすべてディレクトリ >public_html内になければならない。 そのためにはこのディレクトリで作業すると都合のいい場合が多い。 次のようにしてディレクトリpublic_html内に作業ディレクトリを移動しておく。

% pwd
% cd public_html
% pwd
% ls

コマンド cd でディレクトリを移動したときには、そこにどんなファイル・ディレクトリがあるかを ls で確認する習慣をつける。

以降の作業では、ディレクトリpublic_html内も、必要に応じてディレクトリを作成して効率的なファイル管理を行なうことが期待されている。


Webページの作成目次
オンラインテキスト目次

mizutani@rsch.tuis.ac.jp