コンピュータ講座
ファイルの組織的管理方法総合目次

コンピュータ講座
ファイルの組織的管理方法

ファイル操作

mizutani@rsch.tuis.ac.jp
参考書『インターネット時代のコンピュータリテラシー』(水谷正大,共立出版)
目次
ファイル操作
ファイル内容の表示
UNIXでのファイルの表示
Windows95およびMacintoshでのファイル内容の表示
ファイルのコピー
UNIXにおけるファイルコピー
Windows95およびMacintoshでのファイルコピー
ファイルの移動とファイル名・ディレクトリ名の変更
UNIXでのファイル・ディレクトリの移動
Windows95およびMacintoshでのファイル・フォルダーの移動
Windows95およびMacintoshでのファイル・フォルダーの名称変更
ファイルの削除
UNIXでのファイルの削除 Windows95およびMacintoshでのファイルの削除

ファイル操作

ファイル操作には,ファイル内容の表示,ファイルのコピー(複製),ファイルやディレクトリ(フォルダー)の移動や名称の変更およびファイルやディレクトリ(フォルダー)の消去などがあり,いずれもコンピュータ操作の基本となっています. UNIXのようなコマンド指向のOSとWindows95やMacintoshのようなGUIのOSとではその考え方は異なります.

UNIXでは,情報を入力装置から出力装置へ流れるデータストリームとして考え,流れているデータに対して各種の操作を行ったり出力先を変更したりして情報処理を行うという指向があります. ここでは触れませんが,UNIXでは入出力のリダイレクションパイプ処理を使って効果的で強力なな情報処理が可能です.

一方,Windows95やMacintoshでは,情報は作成したデータとアプリケーションは深く結び付いており,アプリケーション間の連携によりデータを効果的に使いまわすことが可能です. 実際,グラフィックスのアプリケーションで作成した絵をワープロに張り付けることはよく行われています.

どちらも一貫した設計思想に貫かれており,それぞれの特性を生かした利用を考えることが大切です.

目次

ファイル内容の表示

テキストファイルの内容を表示させることは,コンピュータ操作の中でも最も大切なファイル操作の1つです.

UNIXでのファイルの表示

UNIXではテキストファイルの内容を表示 するだけの目的のときには,エディタを使ってファイルを開くようなことは行うべきではありません. 効率が悪いばかりか間違ってファイル内容を書き換えてしまうかもしれません. その代わりに,テキストファイルの内容を標準出力装置に送るコマンドcatを次のように使います.

% cat ファイル名の並び

"ファイル名の並び"には,ファイル名を(複数あるときにはファイル名を空白で区切って並べて)指定します. もちろん,これに先立ってファイルを一覧するコマンドlsによって表示させたいファイルの存在とファイル名を確認しておかねばならないのはいうまでもありません.

catコマンドは,ファイル名の並びで指定されたファイルの内容を(複数のファイルを指定したときには,それらを一つながりにして)標準出力装置(モニタ)に表示します. 実際,catのコマンド名はconcatenate(連接)からきています. catでは,ファイル内容が画面に収まりきれない場合でも,そのまま スクロール(scroll)

スクロールとは,原義である巻き物のように,表示画面上部からファイル内容が`巻きとられて'しまい見えなくなってしまいながら表示されていく様子をいいます.

しながら(画面に収まりきれない先頭の表示内容は流れ去ってしまい)表示していきます. ファイルの分量が多くスクロールアウトする可能性があるときには,次のコマンドが便利です.

% more ファイル名
    または
% less ファイル名

これらの コマンド moreとless に対する動作は以下のように異なります.

more
1つのファイル内容が画面に収まりきれないときには,表示画面を ページとして表示をとめながらファイル内容をみることができます. 次のページにに進むときにはキーボードに"スぺースキー"を入力し,表示を終了するときには 'q' (Quit) を入力します.

しかし,more では前のページに戻ることができません.

less
ページごとにファイル内容を表示させ,さらに場合によっては前のページにも戻りたいときには less を使います.

次ぎのページに進むときには"スペースキー"を,表示を終了するときに 'q' (Quit) を入力するのは moreと変わりませんが,前のページに戻るときには 'b' (Back) を入力します.

more や less のようにページごとにファイル内容を表示してくれるプログラムをページャ(pager)といいます.

UNIX には標準のページャとして more が用意されているのですが, more は前のページには戻る機能がありません. そこで,この欠点を直したものが less というわけです. 名前の由来はいうまでもなく more の反対語からのシャレです.

たとえば,ワーキングディレクトリがホームにあるとき,ホームディレクトリにあるファイル letter の内容を表示させるには

% cat letter
   または
% less letter

とします. また,ホームの下のディレクトリ doc にあるファイル export.tex の内容を見るには

% cat doc/export.tex
   または
% less doc/export.tex

とすればいいのです. このように,現在のワーキングディレクトリ以外のディレクトリにあるファイルを見るためには,そのファイルが格納されている ディレクトリまでのパスも指定する必要があります.

目次

Windows95およびMacintoshでのファイル内容の表示

Windows95やMacintoshの場合,テキストファイルの内容を表示したいときには,そのファイルのアイコンをダブルクリックします.

これらのOSでは,各ファイルにはファイルデータ以外にそのファイルがどんなアプリケーションによって作成されたかの情報がリソースとして付属しています. つまり,それぞれのファイルはどのアプリケーションを起動すればよいかを知っているのです.

ファイル内容を表示するための該当するアプリケーションがなければ,Windows95ではメモパッドがMacintoshではTeachTextが代わりに起動するようになっています.

指定するファイルをダブるクリックするだけで,ファイル内容を表示してくれるのですからWindows95やMacintoshのようなGUIのOS方が便利であるかのように思われます. しかし,情報を入出力装置を流れるデータストリームとして考えるUNIXの方がはるかに便利な場合も少なくありません.

たとえば,2つ(以上)のテキストファイル,たとえば file1.txtとfile2.txt,を結合して1つの別なファイルnewfile.txtとする場合,UNIXではcatコマンドでファイルを連接して標準出力装置に出力した文字列をファイルnewfile.txtにリダイレクトする,つまり

% cat file1.txt file2.txt > newfile.txt

と1行のコマンドで実現されます.

一方,これをWindows95やMacintoshで行うには,

  1. file1.txtをダブルクリックして表示する,
  2. file2.txtをダブルクリックして表示する,
  3. file2.txtのウィンドウで編集メニューから'すべてを選択'して`全テキスト内容をメモリに'コピー'し,
  4. file1.txt の末尾にカーソルを移動して,
  5. file1.txtウィンドウで編集メニューから'ペースト'を選んでメモリ内容をペーストし,
  6. 変更されたfile1.txtで,ファイルメニューから'別名で保存'を選択して新しいファイル名newfile.txtを入力して保存する,

という手間を経なければなりません(3つ以上のファイルを連接する場合にはさらに手間が増します).

このようなUNIXのデータストリームの考え方では,さらにフィルターパイプという概念を使って簡素で強力な情報処理が可能となります.

目次

ファイルのコピー

ファイルのコピー(複製)とは,デジタル情報としてまったく同じ内容のファイル(ファイル名は違っていても構いません)を生成することです.

ファイルシステムにおいて,たとえ名前が異なっていたとしても,同じ内容のファイルが存在することは,ディスクの無駄使いであるばかりか,情報管理の観点からも望ましくありません. ファイルシステムの中では,各ファイルが唯一であるように配置されているべきだからです.

したがって.ファイルのコピーは漠然とおこなうのではなく,明確な目的をもって行うようにします(たとえば,コピーしたものを修正して別のファイル名として保存するとか,バックアップとするなど).

目次

UNIXにおけるファイルコピー

ファイルをコピーしたいときには,cp コマンドを使います. たとえば現在いるワーキングディレクトリが work であるとき,次のようにしてファイルをコピーします.

コピー元のファイル original があるディレクトリまでの(絶対または相対)ディレクトリパスを DirPath,複製を作成する先のディレクトリパス を DestPath とし,複写先のファイル名を copied とすると

% cp DirPath/original DestPath/copied

これで original と同じ内容のファイル copied が指定したディレクトリに生成されます.

ファイルコピーcpの様子.

上図のように,コピーコマンド cp を起動する現在のディレクトリが,コピー元のファイルやコピー先のディレクトリとは違う場所にある場合,元となるファイル original にアクセスルためのディレクトリパスとコピーした新ファイル cpoied をどのディレクトリに書き込むかを指定するディレクトリパスを指定しなければならない.

コピー先のディレクトリだけを指定して複写先のファイル名を省略したときには,元ファイルと同じファイル名でコピーされます. また,ディレクトリパスとして複製先のファイル名だけを指定したときには,複製ファイルはワーキングディレクトリ内に作成されます.

UNIXのホームディレクトリの図において,現在いるワーキングディレクトリがdoc/economyであるとき,ディレクトリ doc にあるファイル export.tex を"同じファイル名"で現在のディレクトリにコピーするにはつぎのようにします.

% cp ../export.tex .

コピー先として現在の ワーキングディレクトリ自身 を表す記号 "." を使っていることに注意してください} ページ). また,コピー元のファイルがワーキングディレクトリの親ディレクトリの中にあるために,元ファイルの場所を ../economy.texと相対ディレクトリで指定したことも理解してください.

このように,ファイルをコピーするときには現在のワーキングディレクトリがどこなのか(pwdで確かめます)を常に意識しながら,目的のファイルまでのディレクトリパスを(絶対パスまたは相対パスで)指定すると共に,コピー先のディレクトリパスも同時に指定しなければなりません. 実際には,コピー元またはコピー先のディレクトリのいずれかに移動してコピーするとよいでしょう. ワーキングディレクトリのページも参照してください.

目次

Windows95およびMacintoshでのファイルコピー

Windows95やMacintosh出ファイルコピーをおこなう場合には,UNIXの場合のようにディレクトリパスを具体的に指定する必要ないので簡単です.

異なるディスク間でファイルをコピーする場合には,コピーしたいファイルあるいはフォルダーのアイコンをマウスでドラッグして,コピー先のフォルダーやディスクへ移動させるだけです.

一方,同じディスク内でコピーするときには,ファイルアイコンのドラッグは単にファイルの移動となるだけです.

ファイルの複製を明示的に作成する.

同じディスク内にファイルをコピーする場合には,まずファイルの複製を作成してから作成した複製ファイルを目的のフォルダーにドラッグする. ファイルの複製方法は,複製したいファイルアイコンを選択してから,Windows95では開いたフォルダーにあるファイルメニューから,Macintoshではデスクトップのファイルメニューから複製を選択する.
同じディスク内でファイルをコピーするには,まず明示的にファイルの複製操作を行ってから,その複製されたファイルアイコンを希望のフォルダーにドラッグします.

なぜWindows95やMacintoshでは,同ディスク内でファイルをドラッグしてもファイルが移動するだけでコピーにはならないのでしょうか.

先に注意したように,ファイルシステムでは同じ内容のファイルが同時に違った場所に存在することは,ディスクの無駄であるばかりか,ファイル管理の首尾一環性を損なうことになります. また,Windows95やMacintoshのファイルシステムでは,ファイルは各ディスクごとに管理されています.

このようなファイル管理の観点から,同一ディスク内でのファイルのドラッグはコピーとはならず単にファイル移動となるように設計されているのです. ファイルのドラッグでファイルがコピーされるのは,そのファイルが属しているディスクとは異なるディスクへのファイルのドラッグの場合に限られます.

目次

ファイルの移動とファイル名・ディレクトリ名の変更

ファイルの移動(move) とは,ディレクトリツリーまたはディレクトリフォレストをなしているファイルシステムにおいて,指定したファイルをそれが属するディレクトリまたはフォルダーから抜き出して,別に指定したディレクトリまたはフォルダー内へと移し変えることです.

ファイル管理を再構成するとき,たとえばファイルのディレクトリ割り当てを変更するときなどでは,ファイルを無駄にコピーしてファイルを増やしてしまってファイル管理を混乱させるのではなく,ファイルを移動することによって目的を達成します. ファイルシステムにおける各ファイルの一意性(つまり同じ内容のファイルがないこと)を保つためにもファイル移動は重要な操作の1つです.

ファイル移動は,ファイルのコピーと移動元ファイルの消去という2段階の手続きで行われているとも解釈できますが,ファイルシステムにおけるディレクトリツリーの"枝の付け替え"(ファイルのリンクノードの変更)によってファイル移動が達成されていると考えた方が合理的です.

目次

UNIXでのファイル・ディレクトリの移動

UNIXでファイルやディレクトリの移動,またはファイルやディレクトリの名称変更には mv コマンドを使います.

mvコマンドはコピーコマンドcpとファイル指定の仕方が似ています. 移動させたいファイル targetまでのワーキングディレクトリからの(絶対または相対)ディレクトリパスを DirPath とし,移動先のディレクトリまでの(絶対または相対)ディレクトリパスを DestPath とし,移動先でのファイル名を moved} とするときにはつぎのようにします.

% mv dirpath/target destpath/moved

ファイル移動mvの様子

移動コマンドmv}を起動する現在居るディレクトリが,移動したいファイルや移動先のディレクトリとは違うディレクトリにある場合には,移動元ファイルtarget}にアクセスルためのディレクトリパスとどのディレクトリに移動させてファイル名cpoied}とするかのディレクトリパスを指定しなければならない.

移動先のディレクトリだけで新ファイル名を省略すると,元と同じファイル名で移動します. 移動先のディレクトリを省略して新ファイル名だけを指定すると,指定したディレクトリにあったファイルが指定した新ファイル名として現在いるワーキングディレクトリに移動してきます. さらに,ディレクトリパスで指定したものがファイルでなくディレクトリのときには,そのディレクトリ全体は移動します.

たとえばホームディレクトリの図において,ディレクトリdocにあるファイルexport.texをワーキングディレクトリ doc/economy に"同じファイル名"として移動するには

% mv ../export.tex .

とします. あるいは,ワーキングディレクトリを economy の親ディレクトリである doc に変えて(そこに目的のファイル export.tex があります)

% cd ..
% mv export.tex economy

としても同じ結果となります.

上の例で,もし子ディレクトリeconomyがなければ,この操作はファイル export.texが同じディレクトリ内のファイル economyとして移動してきた,つまりファイル名を変るという結果をもたらします.

つまり,同じディレクトリ内にあるファイル oldfile の名前を新たな名前のファイル newfile にファイルの名称変更するにはつぎのようにします.

% mv oldfile newfile

同様にして,既にあるディレクトリ名 olddir を新しいディレクトリ名 newdir へとディレクトリの名称変更をすることもできます.

mv olddir newdir

目次

Windows95およびMacintoshでのファイル・フォルダーの移動

Windows95やMacintoshでファイルやフォルダーを移動する場合には,指定したアイコンを目的のフォルダーやディスクアイコンへドラッグさせるだけです. ただし,異なるディスクへ移動したい場合,元のファイルやフォルダーが目的の場所にコピーされるだけで元のファイルやフォルダーはそのままですから注意します. 目的のファイル群がちゃんとあることを確認したうえで,もとのファイル群を消去して,ようやく本当に移動したことになります.

目次

Windows95およびMacintoshでのファイル・フォルダーの名称変更

Macintoshでは,名称変更したいファイルやフォルダーのアイコンの下にある名前の部分にマウスカーソルを移動してクリックして名前部分が反転してから,新しい名前を入力します.

Windows95の場合には,Macintoshと同じようにやるか,あるいは名称変更したいファイルやフォルダーのアイコンを選択して,それを表示しているウィンドウのファイルメニューの名前の変更を選択してから,新しい名前を入力します.

目次

ファイルの削除

コンピュータで作業を行っているとバックアップファイルなどがたまってきます. 不要なファイルかどうかの判断は慎重にしなければなりませんが,作業に混乱をきたさないようにファイルを整理することは必要です. 消去したファイルは復活できませんから,内容を確認するなどして不要であることを再度確認してから慎重に削除作業を行ってください. 少しでも削除を迷う場合には削除を止めるべきです.

目次

UNIXでのファイルの削除

UNIXでは,不要なファイルを削除(remove)するときには

% rm ファイル名

とします. ただし,rmは一度消してしまったファイルは復旧できないという 邪悪なコマンドなので,利用にあたってはよくよく慎重に考えてからにしてください.

目次

Windows95およびMacintoshでのファイルの削除

Windows95やMacintoshでは,指定したファイルやフォルダーのアイコンをドラッグして ごみ箱に移動して,ファイルシステムから削除します .

Windows95のごみ箱(左)とMacintoshのごみ箱(右)

ごみ箱にファイルを移動して削除した状態にすると,ごみ箱の様子が変化する. 本当にごみ箱の中身を消去するには,さらに別の消去作業を行わねばならない.

幸いにも,ごみ箱に入れただけでは'本当に'ファイル群が消去されてしまうではありません. 本当にファイルを消去してしまうためには,さらにごみ箱を空にする作業を行う必要があります. この消去作業を行うまでは,ファイルを元に戻すことができます.

目次


mizutani@rsch.tuis.ac.jp
Last Revised at 2/04/1996