オンラインテキスト目次
電子文書目次

LaTeX入門

文書要素とマークアップ文書

mizutani@rsch.tuis.ac.jp
参考書『インターネット時代のコンピュータリテラシー』(水谷正大,共立出版)
電子文書書法も参考に
目次
文書とは文章の集まりでない
文書情報
マークアップ方式の文書
マークアップ文書としてのHTMLとLaTeX文書
HTML形式の文例
LaTeX形式の文例

目次

文書とは文章の集まりでない

文書は単なる文章の集まりではない. 文書(document)とは,文章として書かれている内容を正確に伝えるためのさまざま工夫,たとえば文章群のまとまりとしての文構造を単位として文章を作成し,それらの配置の仕方や表現方法までもを含んだ全体を意味している.

たとえば,次の公式文章(実は,(著作権法)の抜粋です)を見てみよう.

著作権法 公布昭和四五・五・六(法四八)施行昭和四六・一・一(附則) 改正昭和五三法四九、昭和五六法四五、昭和五八法七八、 昭和五九法二三・四六、昭和六〇法六二、昭和六一法六四・六五 昭和六三法八七、平成元法四三、平成三法六三、平成四法百六号 第一章総則 第一節通則 第一条(目的) この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の 権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意し つつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的と する。 第二条(定義) この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところ による。 一著作物思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術 又は音楽の範囲に属するものをいう。 二著作者著作物を創作する者をいう。 三実演著作物を、演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗詠し、又 はその他の方法により演ずること(これらに類する行為で、著作物を演じない が芸能的な性質を有するものを含む。)をいう。 ................

明らかに,これらの文章は文書であるための要件を備えていない. それぞれの文章自体には問題はないが,それらの文章群を組織化することによって文書としての構造を明確にし,さらにそれを最適に配置する工夫がない.

次のものは上と全く同じ文章からなるが,わかりやすくなっており文書としての体裁を整えている(それでも工夫の余地はある).

著作権法
  公布  昭和四五・五・六(法四八)
  施行 昭和四六・一・一(附則)
  改正  昭和五三法四九、昭和五六法四五、昭和五八法七八、
        昭和五九法二三・四六、昭和六〇法六二、昭和六一法六四・六五
        昭和六三法八七、平成元法四三、平成三法六三、平成四法百六号
    
第一章 総則

第一節 通則

第一条(目的)
 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の
権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意し
つつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。

第二条(定義)
 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところ
による。
一 著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。
二 著作者 著作物を創作する者をいう。
三 実演 著作物を、演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗詠し、又はその他の方法により演ずること(これらに類する行為で、著作物を演じないが芸能的な性質を有するものを含む。)をいう。
..............

目次

文書情報

上の例からもわかるように文書を明解でわかりやすいものにするためには,文書の構造を明示するような文章構成上の工夫や,それを印刷物として適切に表現することが文書であるための要件である.

文章の集合体における文構造の明示化および印刷時における文構造の適切な表現は文書であるためのもっとも大切な要件です. ここでこの問題を具体的に取り扱うLaTeX文書整形システムを学びます.

文書を特徴づけている要素を文書要素といい,文書にとって必要な要素にはたとえば次のようなものがある.

文構造
章・節などの見出し指定
目次
図表
文書表題
文書の表題
著者・編者名
文書を作成した日付
文書のコメント(意図・目的,変更の履歴など)
参考文献
著者・編者名
文献の表題(論文題目・書名)
雑誌名・出版社名
巻・号,ページ
発行の日付
相互参照
章・節,図表番号と登場ページ
参考文献の参照名
索引・用語集

文書の体裁・仕上がりを定める以下のような事項を考慮した組版整形出力様式も文書として備えねばならない大切な要件で,これらは文書要素の適切な表現に深く結びついている.

文書形態
書籍
報告書,論文
手紙
ビラ・パンフレット
スライド,OHP
コンピュータ・モニタ
文章表現
段組
文章表現様式
  • 文の引用
  • 文章の寄せ
  • 箇条書
  • 脚注・傍注
  • フォント種類・大きさ
特殊表現
数学表記
化学式
楽譜

目次

マークアップ方式の文書

マークアップ方式とは,エディタで文書を構成する文章に対して,論理的構成や文書要素をマーク(指定)したファイルを作成し,文書の整形出力のためは別の処理システムで行う方式である.

次のビラ文書では,その論理的構造をテキスト中に文書要素タグマーク(mark)することによって明示している.

<パンフレット> 
<タイトル部>
    <見出し>ゼミ対抗テニス大会のお知らせ<見出し終わり<見出しの終わり>
    <日付>4月15日<日付終わり>
    <著者>文学部事務室<著者終わり>
<タイトル部終わり>
<本文>
文学部恒例のゼミ対抗テニス大会を下記の要領で開催いたします
<箇条書>
    <項目>日時
    <説明>5月5日
          午前10時から試合開始,午後4時より表彰式
          なお,午後6時より「さるかに庵」にて慰労会も予定
          しております.
          ふるってご参加ください.
    <項目>場所
    <説明>大学テニスコート
          雨天の場合には,さるかに合戦記念体育館に変更します.
    <項目>受付場所
    <説明>文学部事務室
          申込み用紙に記入して提出してください.
    <項目>申込期限
    <説明>4月26日
<箇条書終わり>
昨年は浦島田ゼミが接戦の末に花咲ゼミを押さえて優勝しました.以来,多くのゼミがテニスコートで打倒浦島田ゼミを掲げて練習に励んできたようです.今年は果たしてどのゼミに栄冠が輝くでしょうか.
多くのゼミの参加を期待しております.
<本文終わり>
<パンフレット終わり>

これらのタグを解釈でき,その出力形態を定めているソフトウエアシステムにこのファイルを入力することによって,出力イメージを作成するというのがマークアップ方式である. マークするタグのコマンド体系がプログラム言語のようなある種の言語体系(Markup Language)となっているためにこう呼ばれている.

マークアップ文書を出力する手続きは次のようになる.

  1. まず,マークアップ原稿として,タイトルや文書構造などの必要なタグを文書情報としてマークしたテキスト形式の文書ファイルを作成します.

  2. 整形出力が必要となった時点で,これらのタグを解釈してあらかじめ定めておいた文書スタイルに応じて適切な整形情報を含んだファイルを生成するような整形システムソフトウエアにこのマークアップ原稿を入力する.
  3. そして出力形態に応じてプリンタドライバによって紙に印刷したり,またはモニタに整形表示して文書として出力する.

マークアップ方式では文章テキストに文書情報タグをマークした文書ファイルをマークアップ原稿とし,これらマークを解釈し定められた出力様式に翻訳する整形システムソフトウエアに入力する.文書の出力形態は必要に応じてモニタや用紙に行う.

このとき,整形システム側の調整の仕方によって同一のマークアップ原稿であっても出力結果が異なることもある. 原則的には,マークアップ方式は文書ファイル(編集原稿)とその文書出力(出力デザイン)とは切り放して考えられている.

ISOでは,文書データベースの作成保守や文書交換を意図してSGML(Standard General Markup Language)というMarkup方式を国際標準規格(ISO8879)とし, また日本でもこのSGMLをJIS規格とした(JIS X 4151). SGMLでは文書内容を印刷の体裁から独立させることを目的とし,文書の文構造とその意味性だけに注目してマークアップする方法を提供している.

実際,SGMLでは文書情報のマークの記述についての約束事だけがあって,文書の出力形態についての取り決めはなく, 出力形態はそれぞれの整形システムで工夫することになっている.

文書にとって必要な情報とは何かという観点からすれば,適切な活字バランスと統一的文章配置が一貫さえしていれば,各自・各部署に応じた文書出力形態があっても何ら不自由しないのは明らかである. 文書交換のためのプロトコルが定まってさえいれば,必要なマークアップ文書を取り寄せて自前のスタイルで出力することができるから.

ここではMarkup方式を広義に解釈し,LaTeX文書やHTML文書もマークアップ方式の仲間に入れて考えている.

目次

マークアップ文書としてのHTMLとLaTeX文書

一般書籍や科学出版など形式上の統一が厳しく追求される大規模な出版物には最近ではTeXシステムが使われるようになってきている.

HTML(HyperText Markup Language) はインターネットを利用した世界的規模のハイパーテキストを推進するWWW(Word Wide Web)で採用されているオンライン文書の書式である. WWWでの文書表現は紙を使わずにモニタ画面上で最終的に整形出力するという新しい形態の電子出版のブームを巻き起こしている.

SGMLから派生して定められているWorld Wide Webのハイパーテキスト文書の記述方式のHTML文書では,それを表示するWebブラウザによって微妙に表示結果は異なる. 一方,マークアップ方式の仲間として考えられるTeXファミリによる組版出力では,印刷出力に対しては厳格で,非常にきめ細かい指定をすることができ,HTMLとは対照的である.

目次

HTML形式の文例

先のマークアップ文書例はHTMLでは次のように記述する.

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>Tennis tournament</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<CENTER>
<H1>ゼミ対抗テニス大会のお知らせ</H1>
</CENTER>
文学部事務室<BR>
4月15日
<HR>
文学部恒例のゼミ対抗テニス大会を下記の要領で開催いたします
<DL>
<DT>日時
<DD>5月5日 午前10時から試合開始,午後4時より表彰式<BR>
なお,午後6時より「さるかに庵」にて慰労会も予定しております.
ふるってご参加ください.
<DT>場所
<DD>大学テニスコート<BR>
雨天の場合には,さるかに合戦記念体育館に変更します.
<DT>受付場所
<DD>文学部事務室<BR>
申込み用紙に記入して提出してください.
<DT>申込期限
<DD>4月26日
</DL>
<P>昨年は浦島田ゼミが接戦の末に花咲ゼミを押さえて優勝しました.
以来,多くのゼミがテニスコートで打倒浦島田ゼミを掲げて練習に励んできたようです.今年は果たしてどのゼミに栄冠が輝くでしょうか.</P>
<P>多くのゼミの参加を期待しております.</P>
</BODY>
</HTML>

Webブラウザを使うと,上のHTML文書は次のように見える.


ゼミ対抗テニス大会のお知らせ

文学部事務室
4月15日
文学部恒例のゼミ対抗テニス大会を下記の要領で開催いたします
日時
5月5日 午前10時から試合開始,午後4時より表彰式
なお,午後6時より「さるかに庵」にて慰労会も予定しております. ふるってご参加ください.
場所
大学テニスコート
雨天の場合には,さるかに合戦記念体育館に変更します.
受付場所
文学部事務室
申込み用紙に記入して提出してください.
申込期限
4月26日

昨年は浦島田ゼミが接戦の末に花咲ゼミを押さえて優勝しました. 以来,多くのゼミがテニスコートで打倒浦島田ゼミを掲げて練習に励んできたようです.今年は果たしてどのゼミに栄冠が輝くでしょうか.

多くのゼミの参加を期待しております.


目次

LaTeX形式の文例

先のマークアップ文書例はLaTeXでは次のように記述する.

\documentstyle{jarticle}
\title{ゼミ対抗テニス大会のお知らせ}
\author{文学部事務室}
\date{4月15日}
\begin{document}
\maketitle
文学部恒例のゼミ対抗テニス大会を下記の要領で開催いたします
\begin{description}
\item[日時] 5月5日 午前10時から試合開始,午後4時より表彰式\par
なお,午後6時より「さるかに庵」にて慰労会も予定しております.
ふるってご参加ください.
\item[場所] 大学テニスコート\par
雨天の場合には,さるかに合戦記念体育館に変更します.
\item[受付場所] 文学部事務室\par
          申込み用紙に記入して提出してください.
\item[申込期限] 4月26日
\end{description}
昨年は浦島田ゼミが接戦の末に花咲ゼミを押さえて優勝しました.
以来,多くのゼミがテニスコートで打倒浦島田ゼミを掲げて練習に励んできたようです.今年は果たしてどのゼミに栄冠が輝くでしょうか.

多くのゼミの参加を期待しております.
\end{document}

これの印刷イメージは左図のようになる.

目次
電子文書目次
On Line Text


mizutani@rsch.tuis.ac.jp