コンピュータグラフィックス基礎

本講義では、3DCGの概要を理解し、基本的な3DCGの作成技術を身に付ける。
講義は教科書に沿って行い、基本事項を中心に解説する。
CGは、CG開発言語であるPOV-Rayを用いて作成を行う。
成績評価は、課題提出により行う。
回数 講義内容 課題提出
第1回 3DCGの概要、POV-Rayの基本操作、座標系、シーンファイルの構成 -
第2回 基本図形(球、直方体、円柱、円錐、トーラス) -
第3回 彩色(色名、RGB、透明化)、光源と陰影 -
第4回 座標変換(移動・回転・縮小拡大)、立体の演算、マッピング -
第5回 作品制作 -
第6回 作品制作 -
第7回 作品評価 課題提出


教科書


松下孝太郎(編著),山本光,柳川和徳,鈴木一史,星和磨,羽入敏樹 共著
“POV-Rayで学ぶ はじめての3DCG制作”
講談社
ISBN: 978-4-06-153827-6


参考資料


2次元CG 産能短大 / 画像とアニメーション加工





POV-Rayシーンファイル
- 基本例 -

#include "colors.inc"
#include "shapes.inc"

camera{
     location<10, 5, 5>
     look_at<0, 0, 0>
     angle 40
}

light_source{<20, 20, -20> color White}

object{
     sphere{<0, 0, 0>, 1}
     pigment{color Orange}
}


POV-Rayシーンファイル
- 背景挿入の例 -

#include "colors.inc"
#include "shapes.inc"

camera{
     location<10, 5, 5>
     look_at<0, 0, 0>
     angle 40
}

light_source{<20, 20, -20> color White}

object{
     sphere{<0, 0, 0>, 1}
     pigment{color Orange}
}

object{
     plane{y, -100 pigment{Plum}}
}


POV-Rayシーンファイル
- JPEGファイルマッピングの例 -

#include "colors.inc"
#include "shapes.inc"

camera{
     location<10, 5, 5>
     look_at<0, 0, 0>
     angle 40
}

light_source{<20, 20, -20> color White}

object{
     sphere{<0, 0, 0>, 1
           pigment{
                image_map{jpeg "マッピングするファイルの名前" map_type 0}
          }
     }
}


POV-Rayプリミティブ

Sphere sphere{<x, y, z>, r}
直方体 Cube box{<x1, y1, z1>, <x2, y2, z2>}
円柱 Cylinder cylinder{<x1, y1, z1>, <x2, y2, z2>, r}
円錐 Cone_X cone{<x1, y1, z1>, r1, <x2, y2, z2>, r2}
トーラス Torus torus{r1, r2}


POV-Ray彩色

色名指定 pigment{color 色名} 色名はRed, Green, Blue, Orange, Goldなど
rgb指定 pigment{rgb <r, g, b>} r, g, bは3原色(0〜1)
rgbt指定 pigment{rgb <r, g, b, t>} r, g, b,は3原色(0〜1), tは透明度(0〜1)


POV-Ray座標変換

平行移動 translate<x, y, z> x, y, zは移動量
回転 rotate<x, y, z> x, y, zは回転度数
拡大/縮小 scale<x, y, z> x, y, zは倍率


POV-Ray立体演算

結合 union{object1, object2, ...} 物体を結合する
交差 intersection{object1, object2, ...} 物体の重なった部分のみ表示する
difference{object1, object2, ...} 物体の重なった部分を取り除く
併合 merge{object1, object2, ...} 物体の結合内部を表示しないように結合する





〜 学生作品 〜

2013年度
[テーブルとイス]



2014年度
[家]



2015年度
[乗り物]



2016年度
[船]



2017年度
[時計]



2018年度
[文房具]